図画工作部

研究テーマ
仲間とのかかわりの中で感じ方や見方を深める図画工作学習
  図画工作科部では、「自らの感性を働かせながら、造形的な創造活動の基礎的な能力を発揮し、つくりだす喜びを味わうこと」を教科の本質としてとらえている。つまり、子どもの感覚を重視し、育成すべき資質・能力を明らかにして、つくりだすことに喜びを感じる子どもを育むことをめざしているのである。このような子どもを育むために、子どもたちが自分らしい感じ方や見方をすることを大切にしたい。見たことや感じたことを仲間と伝え合ったり、材料や用具などとかかわり合いながら試したりする。そうすることで、自分のイメージを豊かに広げ、表現の工夫をすることができるのである。このような学習過程の中で感じ方や見方が深まり、「つくりだす喜び」につながっていくと考える。
授業実践
A表現(★学習指導案)
  造形遊び 絵・立体・工作 
 1年 いろいろな材料【ならべて つんで】H24小田実践 
クラフトパンチ【おして あつめて ならべて】H24小田実践
ビニル傘【まじかる・あんぶれら】H25小田実践
カラーポリ袋【ふわふわポンポン】H25小田実践


絵:初めての絵の具A【えのぐのつみき】H25小田実践
絵:
たのしかったことをえにかこう】H25小田実践
工:紙工作【動くおもちゃをつくろう】 H24小田実践
工:紙工作【プレゼントをどうぞ】 H24小田実践
  → 
板書の詳細はこちら!(H25知恵ネット掲載)
工:紙を折ってたてて【おってたてて】H24小田実践

 2年 光を通す材料【はって かさねて】H28岡ア実践



立:カッターナイフ導入A【カッターナイフタワー】H24小田実践
立:紙粘土【ケーキやさん】H24小田実践
立:【ざいりょうのへんし〜ん!】H24小田実践


 3年 光を通す材料【中庭を楽しい世界に】H25小田実践
傘袋【つなげて つなげて】H25小田実践



絵:【なかよしペタペタ生き物たち】 H25小田実践 
立:【カラフルハッピーフレンド】H27岡ア実践 
立:【光がすき通るゆめの世界をつくろう】H27岡ア実践 
 4年 【おってたててできる形】H24小田実践
絵の具【すてきなペーパーショップ】H24
小田実践



絵:木版画【ほってすって】H23、H24小田実践
工:
【つくって使って楽しもう!だんボール工作】 H23小田実践
工:【とび出すハッピーカード】H24
小田実践
 
→ 導入の詳細はこちら!(H24知恵ネット掲載)

 5年 場所の特徴を生かして【テープで大変身!】H28岡ア実践


絵:【気持ちを表す形や色】H24
立:
【板を組み合わせてつくろう!マイ・オブジェ】H24小田実践
工:
【思いを表すプレートをつくろう】H26岡ア実践
 6年


絵:風景画@【大切に思う風景in附属山口小】 H22小田実践
立:アルミ針金【くねくねアート】 H22小田実践
立:
【立体で表そう!将来の自分@】 H22小田実践

 
B 鑑賞(★学習指導案)
   鑑賞
 1年
 2年
 3年  
 4年  
 5年  
 6年 浮世絵の「ここが気になる」美術館 H26岡ア実践  

山口大学附属山口教育学部附属山口小学校 図画工作部 岡ア 典子
Copyright (C) Yamaguchi Elementary School Affiliated with the Faculty of Education,Yamaguchi University.All Rights Reserved.
このページはフレーム内ページです。本校サイトHOMEへどうぞ!