音楽部

研究テーマ
 
互いの思いや意図を受けとめ合い、表現を豊かにする音楽科学習
〜音楽的感受性を高め、よりよい表現を追究するための支援〜
 音楽科部では、子どもたちが感性を働かせながら音楽活動に取り組む中で、音楽活動の基礎的な能力を培い、生活の中に音楽を生かしたり音楽文化に親しんだりする態度と、音楽的感受性を育むことを大切にしている。
 表現領域では、音楽から感じ取ったことをもとに表現の仕方を工夫し、互いの表現を比較しながらよさやちがいを認め合い、思いや意図をもって表現していく。また、鑑賞領域では、楽曲から感じ取ったことを伝え合いながら、その楽曲のよさや面白さ、美しさを味わい、聴き深めていく。
 このような表現と鑑賞の学習を繰り返していくことで、子どもたちが互いの思いや意図を受けとめ合い、表現を豊かにする音楽科学習をめざしたい。

これまでの授業実践
  授業実践
1年  ようすを思いうかべて歌おう (きらきらぼし:指導案)【石村実践】
曲に合わせて歌おう「うたで さんぽ」 (指導案)【H27川原】
曲に合わせて歌おう「うたで さんぽ」 (実践事例)【H27川原】
ようすをおんがくであらわそう「ほしぞらの おんがく」 (指導案)【H27川原】  
この曲、なんだ? 組曲「動物の謝肉祭」より (指導案)【H28川原】 
この曲、なんだ?組曲「動物の謝肉祭」より (実践事例)【H28川原】 
何をしているのかな?「おどる こねこ」 (指導案)【H28川原】 
 2年 楽曲の気分を味わって歌おう (えがおできょうも:指導案)【石村実践】
 3年 列車の旅の様子を表す音楽をつくろう (指導案)【石村実践】
列車の旅の様子を表す音楽をつくろう (実践)【石村実践】
音楽で表そう! 絵本の世界 (指導案)【石村実践】
音楽で表そう! 絵本の世界 (実践)【石村実践】 
感じたことを歌で表わそう「とどけよう このゆめを」(指導案) 【H26川原】
感じたことを歌で表わそう「とどけよう このゆめを」(実践事例) 【H26川原】
 4年 様子を思い浮かべながら聴こう 「ピーターと狼」 (指導案)【石村実践】
様子を思い浮かべながら聴こう 「ピーターと狼」 (実践)【石村実践】
 5年 ふしの重なり合いを感じ取って歌おう (いつでもあの海は:指導案) 【石村実践】
変化を楽しみながらつくろう (指導案)  【石村実践】
音の重なりの面白さを生かして、楽しくアンサンブル (ラ・バンバ:指導案)   【石村実践】
曲想を生かして、楽しくアンサンブル (威風堂々:指導案)  【石村実践】
 6年  

山口大学附属山口教育学部附属山口小学校 音楽部 川原 真矢
Copyright (C) Yamaguchi Elementary School Affiliated with the Faculty of Education,Yamaguchi University.All Rights Reserved.
このページはフレーム内ページです。本校サイトHOMEへどうぞ!