生活科部

研究テーマ
 
気付きを伝え合いながら、自分のくらしを豊かにする子どもを育む生活科学習
 生活科学習では、気付きを伝え合いながら、自分のくらしを豊かにする子どもを育みたい。
 子どもは、自分のまわりのひと・こと・ものと何度も繰り返しかかわるなかで、様々な気付きを生み出していく。それらを仲間とともに出し合い、聞き合い、受け止め合うことを通して、無自覚な言動が自覚化されたり、様々な気付きが関係付けられたり、対象と自分とのかかわりが見出されたりする。子どもは、このような過程を経て、試行錯誤しながら自らの生活そのものや、自分をとりまくものをよりよいものにしていく。そして、自分自身を振り返るとき、「自分は成長した、変容した」と感じることができるだろう。
 このようにして学びを積み重ねていくことが、“学びの実感”のある生活科授業につながると考える。

これまでの授業実践
   
 1年 だいすき!みんなのふぞく小学校 H23
木戸公園 自然遊びみつけ隊 H23
へんしん!木戸公園 秋のこびとたち H23
いきものだいすき!あつめ隊H24
みんなにひろげよう!たのしいこうえん H24
 2年 見つけたよ!お店がいっぱいどうじょうもんぜん H25
バスにのって出かけよう! H25
そうだ!お茶にしよう (指導案) H26
そうだ!お茶にしよう 【実践事例】 H26
だいすき みんなのモルモット H26
どうじょうもんぜんたんけんたい〜ひみつを見つけにレッツゴー〜【指導案】 藤田 H27
どうじょうもんぜんたんけんたい〜ひみつを見つけにレッツゴー〜【実践事例】 藤田 H27
ふしぎ発見!秋ランド【指導案・考察】 藤田  H27
としょかんたんけんたい〜みんなが気持ちよく使うきまりを考えよう〜【指導案】藤田 H28

としょかんたんけんたい〜みんなが気持ちよく使うきまりを考えよう〜【実践事例】藤田 H28
2の2ゆうびんきょくへ ようこそ【指導案】 藤田 H28
 

山口大学附属山口教育学部附属山口小学校 生活科部 藤田恵里子
Copyright (C) Yamaguchi Elementary School Affiliated with the Faculty of Education,Yamaguchi University.All Rights Reserved.
このページはフレーム内ページです。本校サイトHOMEへどうぞ!