研究テーマ/研究大会/夏期セミナー/過去の研究/学校訪問・講師派遣/書籍

研究テーマ
 
 「幼小中の学びをつなぐ山口小教育」とは、子どもを「連続的に学び、育ち、成長する者」として捉え、幼小中12年間を見通した上で行う山口小教育のことである。
 山口小学校6年間で育成したい子どもの姿は、「自己をみがき、新しい時代を力強く生き抜く子ども」であり、その姿に迫るために必要な3つの資質・能力が「自己の発揮」「かかわり」「心の幹」である。

 学ぶことへの期待感を抱き、対象との出会いにおいて、切実な問いをもった子どもは、自ら対象に働きかけ、「自己の発揮」や「かかわり」に関する資質・能力を発揮しながら協働的に学ぼうとするであろう。対象や仲間への主体的な働きかけが繰り返される中で、「自己の発揮」に関する資質・能力(知識・技能、思考力・判断力・表現力、学びに向かう力等)が
より確かなものとなっていく。そして、子ども自らが一連の学びを振り返り、自己の変容や成長を自覚するとともに、学びに対する新たな価値や意義に気付いていくことで「心の幹」に関する資質・能力が育成される。
このような資質・能力の育成をめざして行われる山口小学校の教育を「幼小中の学びをつなぐ山口小教育」と捉え、その実現をめざしていくのである。

◯ 研究主題設定について
 本校では、過去7年間「学びの実感がある授業をつくる」という研究主題を掲げ、自ら学び続ける子どもが育つ授業の実現をめざしてきた。とりわけ、めざす授業像ではなく、「求める子どもの姿」を設定し、研究を進めてきた。この研究の中で、私たちは、子どもが一人ひとりの思いや考えを出し合いながら、対話の中で考えを深め、問いを追究していくことが、「求める子どもの姿」につながっていくことを確認することができた。
 授業での子どもの姿に目を向けると、前時や前単元、前学年で学んだことを想起し、関連付けながら学んでいる子どもの姿がある。子どもが、単に答えを覚えるのではなく、納得を求め、思いや考えを出し合いながら、対話の中で考えを深め、問いを追究する学びを積み重ねているからこそ、学んだことを想起し、関連付けることができるのであろう。子どもは、子ども自身で学びをつなげながら学ぼうとしているのである。
 その際、私たちが、幼小中12年間で育成したい資質・能力を設定し、見通しをもった上で教育活動を行うことで、子どものよりよい学び、育ち、成長につなげていくことができると考えた。そうすることで、いわゆる「小1プロブレム」や「中1ギャップ」といった学校間の接続の問題の解決にもつながる。さらに、学校間にとどまらず、学年間の子どもの学びや育ちを接続し、よりよい成長につなげていくことができると考えた。そこで、今年度より、研究主題を「幼小中の学びをつなぐ山口小教育の創造」とし、研究を進めていくこととした。さらに、研究の対象を授業だけでなく、幼小中12年間を見通した学校教育全体に広げることとした。子どもは、授業以外の場でも、学び、育ち、成長しているからである。

◯ 山口小で育成したい資質・能力の設定について
 幼小中の学びをつなぐため、附属学校園12年間を通して育成したい資質・能力を設定する必要がある。研究初年度にあたる今年度は、山口小学校6年間で育成したい子どもの姿に迫るための資質・能力を設定することから研究を始めた。
 今日の子どもたちは、知識基盤社会に生きていると言われる。「知識基盤社会では、産業社会とは対照的に唯一絶対の『正解』は存在せず、その状況における最適解をその都度自力で、あるいは他者と協働して生み出すべく、知識を豊かに創造し活用する資質・能力がすべての人に求められる」(奈須 2014) とある。また、次期学習指導要領に向けた教育課程企画特別部会の論点整理(以下「論点整理」)を見ても、昭和33年以来の「内容」を中心としたあり方から「資質・能力」を基盤とした教育の構造転換が意図されていることが分かる。このような教育界の動向、山口大学の第3期中期目標・中期計画と子どもの実態、教職員や保護者の願いなどから山口小学校の学校教育全体をとおして育成したい子どもを「自己をみがき、新しい時代を力強く生き抜く子ども」とした。さらに、論点整理の3つの柱「何を知っているか、何ができるか」「知っていること・できることをどう使うか」「どのように社会・世界とかかわりよりよい人生を送るか」を踏まえて、山口小学校で育成したい子どもの姿に迫るための資質・能力を設定した。それが、先述した「自己の発揮」「かかわり」「心の幹」の3つの資質・能力である。さらに、授業場面を想定して細かく11に分類し、下記のように捉え直した。


 上記のように設定した資質・能力を手がかりに、本校が積み重ねてきた協働的で問題解決的な学びの中で、どのような資質・能力がどのような文脈で育成されていくのかを、一人ひとりの子どもの見取りにより、探っていく。

◯ 各教科・領域で育成したい資質・能力



 もどる